nikki

大学4年生の日記です

神楽坂で人生で1番美味しいフルーツサンドを食べた

朝6時起床。バイトは休みだが身支度を整え家を出る。代官山から神楽坂に最近移転した「珈琲日記」で朝ごはんを食べる目的。
7:00開店のところわたしは7:15頃にお店に到着したがすでに満席で外に列が出来ていた。数量限定のフルーツサンドが残っていると良いけれど。


お店に入れたのは8:00頃。フルーツサンド残ってた!本日のコーヒーとのセットを頼み、待っている間にメニューを眺める。ホットケーキ(注文を受けてから粉を混ぜて鉄板で焼き上げる)もスコーン(つぶあんきな粉味が気になる)も美味しそう。アイリッシュコーヒーも飲みたいし、1番人気のアイスロイヤルミルクティーも飲んでみたい。

 

 

フルーツサンド到着!華やかな断面にときめく…。

f:id:qnr:20180223082200j:image

フルーツサンドの食パンって果物の水分とかで柔くなりがちだけど、ここはしっかり目で、さらにパンの軽い塩味が中身の甘さと良い関係を築いてる。これはフルーツサンドのためにある食パンだ…。さらに生クリームがすごく美味しい。甘さ控えめだけど、素っ気ないわけではなくて、舌にしっかり残ってくれる。今度はスコーンと生クリームの組み合わせで食べたい。大きめカットのフルーツは水分たっぷりで、久しぶりに本物のフルーツを食べた気がした。

タイトルにも書いた通りこれは人生で1番美味しいフルーツサンド!

 

 

お店を出るときにマスターが「行ってらっしゃい!お気をつけて」と声がけしてくれて嬉しい。が、わたしは帰宅して洗濯機を回す。