nikki

大学4年生の日記です

映画『海辺のポーリーヌ』を観た

1983年に公開された、エリック・ロメール監督の『海辺のポーリーヌ』を早稲田松竹で観てきました。この映画を観るのはもう5回目ほどで、好きとか嫌いとかじゃなく習慣のようになっている。毎年、夏が近づいてくると思い出す映画。何回見てもエンディングのキレの良さにグッときちゃう。会話シーンはだらだらしてるし、恋愛のあれこれもぶっちゃけ中身スカスカ。でもそれこそがバカンスなんじゃないかな。おそらくこの映画の影響を受けている『君の名前で僕を呼んで』を観たあとだから、ちょっとリンクさせられる場面も多く、今までとはまた違う感覚で観れた。

 

f:id:qnr:20180623223841j:image

映画までの待ち時間は、久しぶりに喫茶ロマンに行った。ミルクセーキ美味しい。

アフガニスタン料理を食べた

後輩と一緒に、東中野の「キャラヴァン・サライ・包」へ。(公式HP→http://www.paoco.jp/caravan/index.html)

このお店ではアフガニスタン料理が食べられる。店内も絨毯が敷き詰められていて、遊牧民の住居風。アフガニスタン料理がどんなものかさっぱり知らなかったが、メニューを見た感じ、とにかく羊料理が多い!孤独のグルメSeason2にも登場しているそう。

 

以下、料理の紹介です。

f:id:qnr:20180621141345j:image

まず羊のカラヒィ。カラヒィはアフガニスタンパキスタン周辺の地域使われる鉄鍋のことで、それを用いて様々な調理が行われるらしい。お店で提供されるパシュトゥン族のカラヒィは、ぶつ切りの肉を豪快に炒めたもの。ヨーグルトやナンと一緒に食べた。このナンはカレー屋で出てくるナンとは少し違っていて、固めかな?美味しい。

左下に少し写り込んでいるのは、アフガンマントウ。羊肉の餃子みたいなものでこれまた美味しい。思ったよりも羊の風味がしっかりくる。インドやネパールのモモに近いかな。

 

f:id:qnr:20180621143846j:image

カバブ(羊)とムルグ(鶏)。突き刺さってる鉄の串が鋭利すぎてビビった。ムルグの方は香辛料に漬け込まれていて、ビールが進みそう。肉を食べている!って実感がすごい。美味しかったです。

写真はありませんが、鶏とアボカドのサラダも注文。ブルーチーズで和えられていて、好きな人はどハマりすると思う。(私もそう。)

 

お酒はどんぐりのソーダ割りを頼んだ。どんぐりのエキス(どうやって取れるの?)で出来たリキュールで、これがすごく美味しかった! 家にストックしたい。甘いんだけどさっぱりしている。フルーツの甘さとは全然違っていて、木ノ実っぽいかも?

 

 

後輩は1年のミラノ留学から帰国したばかりで、お土産にローズマリーのオリーブオイルをもらった。使うの楽しみ!  自分たちの未来への、夢と希望と可能性をたくさん話してお開きした。

今日のバイトはすごかった

飲食バイトをしているのですが、今日はとにかく人手が足りなかった。わたしと店長と社員さんの3人だけ。(キッチン調理の方たちはまた別です。)通常のシフトなら7,8人いるのに。当たり前にこのままだと回らないので、店長が事前にヘルプ要請をしたところ、様々な店舗の店長がなんと5人も集結!プリキュア春映画オールスターズの勢い。普段はほとんど女性店員だけど今日は8割が男性。しかも店長クラスなので年齢や風貌に威厳があるというか。とにかくそれだけでも圧がすごかった。で、皆さん仕事もバリバリ出来るもんだからお店の回転率がすごい。ただのバイトの私は、高校の部活の練習で先輩のスタミナや技術に驚き中学とのレベルの違いを思い知る運動部の新人みたいな気持ちでした。
そんな感じで複数の店長が一堂に会したことで、様々な店長像が見れて面白かった。あまりこうやってブログに書くのも何ですが、ワイルド系、クール系、紳士系、元気系、みたいな、、乙女ゲーのキャラ設定みたいになってしまいますが、、、。
それにしてもみんな良い人だった。今まで関わってきた社員さんもみんな人当たりが良くて。社員さんが賞味期限切れるからってこっそりくれたデザート用のプチケーキ、美味しかったあ。

無題

バイトが終わったのは昼過ぎで、帰宅してから思い切り寝てしまった。起きたのが8時とかで、夕ご飯食べる気分でもないし、お土産にもらった白い恋人を2枚食べる。そういえば、お昼にパン屋さんで買ったサーモンアボカドサンドのパンがめちゃくちゃ硬かった。顎が強化された。

明日もバイトだからはやく寝なきゃいけないけれど、全く眠くないんだよね。困った。

財布を忘れた話

今日は久しぶりのバイト。8〜17時から働いて、そのうち1時間はお昼休憩。近くのスーパーでおにぎりとか買おうと思っていたら、財布を忘れたことに気がつく。しかし、わたしはiPhoneSuicaやiDを登録していたおかげで、なんとか支払いできた。時代に感謝。

無題

1日中ぼーっと過ごした。毎週土曜日は東京B少年がYouTubeをアップする日だけど、それを見る元気すらも起きないくらい無気力だった。